ベルミスの正しい洗い方

ベルミスの洗い方は長持ちさせるためにも手洗いが理想的ですが、ベルミスは手洗いじゃなきゃ絶対にダメだということはないんですよ。   毎回手洗いはちょっと面倒・・・ ベルミスは洗濯機で洗うときは生地を長持ちさせるためにも「洗濯ネット」を利用するのがおすすめです。 洗い方次第で生地の着圧力が弱くなってしまったり、毛玉ができてしまうことも。 洗濯ネットを利用することで、ごみをつきにくくしたり衣類同士が絡まり摩擦で起きる毛玉の発生を抑えることもできるので生地への負担を減らすことが可能です。 ベルミスは骨盤の矯正やツボを刺激する加圧効果を発揮する仕様なので、型崩れは致命的なのでデリケート用の洗濯ネットに畳んで入れると優しく洗うことができます。 洗濯ネットはベルミスに1着に対して1つを使うと伸び縮みを抑えることに繋がります。 洗濯ネットはできるだけ畳んで入れた時にピッタリに合うものに入れたいですね。 洗剤もおしゃれ着洗い用は中性洗剤なので、縮みや色褪せなどのベルミスの生地に負担を減らしながら洗えます。 ドライコースを利用して洗うとなお生地いよしっ! 急いで乾かしたい!という方もいらっしゃるかもしれませんが、熱に弱り素材のため乾燥機は利用できません。 陰干しで風通しの良いところで陰干しがするのが推奨されています。 洗濯ハンガーなどで釣るしてホスト型崩れの原因となるので、形を整えて室内で陰干しが最適です。 とくに肌に密着する素材のベルミスなので清潔に保つことは必須! ベルミスは毎日履くことで効果を発揮する商品だというので、洗濯替えの枚数も考えると3枚から5枚にして着圧力を保ちながらローテーションして着回すのが長持ちさせる秘訣にもなりますよ。     長持ちさせるためにも複数枚あるといいんだね。   ベルミスを詳しく見る